NUMECA Solution Seminar 2018

~ 初期設計から3次元解析・最適化まで、シミュレーションの最先端 ~

配布資料ダウンロード

当日の発表資料は、ボタンよりダウンロードできます。
※ダウンロードにはIDとパスワードが必要です。(出席された方にのみお知らせしています)

ご挨拶

2018年11月29日に「NUMECAソリューションセミナー2018」を開催いたします。

NUMECAは、1次元設計から3次元設計、流体解析、最適化、さらに音響解析まで、トータルなソリューションを展開しています。

本セミナーでは、解析目的に合わせたソリューションやデモ、自動化やカスタマイズなど、具体的な事例をご紹介いたします。

さらに、テーマごとにポスターセッションを併設し、個別のご相談にも対応いたします。

また、NUMECAの最新技術を組み込んだ次世代プラットフォーム“OMNIS (オムニス)”に加え、今後リリース予定の新製品についてもご紹介します。

開催概要

開催日時 2018年11月29日(木) 13:00~17:00 (受付時間 12:30~)
※時間については、プログラム確定時に多少変更になる可能性がありますので、ご了承ください。
会場 東京国際フォーラム ガラス棟6F G610会議室 マップ
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
・JR線 : 有楽町駅より徒歩1分
・有楽町線: 有楽町駅(B1F地下コンコースにて連絡)
・日比谷線: 銀座駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩5分
・千代田線: 二重橋前駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩7分
・丸ノ内線: 銀座駅より徒歩5分
・銀座線 : 銀座駅より徒歩7分/京橋駅より徒歩7分
・三田線 : 日比谷駅より徒歩5分
対象者 弊社製品やサービスをご利用のお客様、ご検討中のお客様、CFD、CAEにご興味のあるお客様を対象としております。
※競合他社様からのご参加はご遠慮いただくことがあります。予めご了承ください。
参加費 無料(事前登録制)
参加お申込み

お申込みフォーム

お問い合わせ お問い合わせフォーム
email:info-jp@numeca.com
TEL:03-6205-4416

プログラム

※各講演タイトルをマウスオーバーすると、概要が表示されます。

13:00 – 13:05

開会のご挨拶

NUMECAジャパン株式会社 代表取締役 岡 新一

13:05 – 13:20

NUMECA次世代ソリューションのご紹介

NUMECAジャパン株式会社 技術部 技術第2Gr. Gr.リーダー 桧垣 真也

13:20 – 13:50

「ターボ機械設計・解析ソリューション」 ~業務効率を見据えた今後の展望~

NUMECAジャパン株式会社 技術部 ターボ設計Gr. Gr.リーダー 清水 宏純
13:50 – 14:05 休憩

14:05 – 14:20

NLHを用いた軸流圧縮機に発生する旋回失速の解析

NUMECAジャパン株式会社 技術部 技術第1Gr. Gr.リーダー 竹腰 善久

14:20 – 14:40

統計手法を組み合わせた3次元翼形状最適化プロセスの効率化

NUMECAジャパン株式会社 技術部 技術第1Gr. 大上 真寅

14:40 – 14:55

ターボ機械の騒音解析の自動化

NUMECAジャパン株式会社 技術部 部長 磯野 勝朝
14:55 – 15:10 休憩

15:10 – 15:25

向波中および斜波中を航行する船体解析の自動化

NUMECAジャパン株式会社 技術部 技術第1Gr. Gr.リーダー 竹腰 善久

15:25 – 15:35

マリン用プロペラの高品質メッシングの自動化

NUMECAジャパン株式会社 技術部 技術第1Gr. 和田 耕一

15:35 – 15:50

重合格子を用いた船体や車両などが任意の運動をする解析事例のご紹介

NUMECAジャパン株式会社 技術部 技術第1Gr. Gr.リーダー 竹腰 善久
15:50 – 16:05 休憩

16:05 – 16:20

乱流モデルのカスタマイズの簡単化

NUMECAジャパン株式会社 技術部 技術第1Gr. 和田 耕一

16:20 – 16:35

自動車空力解析メッシングの自動化

NUMECAジャパン株式会社 技術部 技術第2Gr. Gr.リーダー 桧垣 真也

16:35 – 16:50

ダクト広帯域騒音の簡易解析手法

NUMECAジャパン株式会社 技術部 部長 磯野 勝朝

16:50 – 16:55

閉会のご挨拶

NUMECAジャパン株式会社 セールス&マーケティング部
シニアアカウントマネージャー 河口 洋子

※プログラムは都合により変更する場合がございますのでご了承ください。

講演時間 13:20 – 13:50
講演タイトル 「ターボ機械設計・解析ソリューション」 ~業務効率を見据えた今後の展望~
講演者 NUMECAジャパン株式会社 技術部 ターボ設計Gr. Gr.リーダー 清水 宏純
講演概要 ①Volute付ターボ機械形状を設計からCFD解析までシームレスなプロセスを紹介します。
現在のプロセスに対する課題を説明します。
②羽根付きケーシングトリートメントのターボ機械設計から解析へのプロセス案を紹介します。
業務効率を図るための課題を説明します。
講演時間 14:05 – 14:20
講演タイトル NLHを用いた軸流圧縮機に発生する旋回失速の解析
講演者 NUMECAジャパン株式会社 技術部 技術第1Gr. Gr.リーダー 竹腰 善久
講演概要 旋回失速は部分的に失速した領域が円周方向へ伝播する現象であり、性能低下だけでなく、最悪の場合は翼の破損を招く恐れがある。
一般的に旋回失速を解析するためには、全周非定常解析で30周程度(あるいはそれ以上)の解析が必要となり、膨大な計算時間がかかる。
ここでは、NLHを用いて旋回失速を全周非定常解析に比べ2桁以上短い時間で解析した事例を紹介する。
講演時間 14:20 – 14:40
講演タイトル 統計手法を組み合わせた3次元翼形状最適化プロセスの効率化
講演者 NUMECAジャパン株式会社 技術部 技術第1Gr. 大上 真寅
講演概要 3次元翼形状最適化では、設計空間上の多数のサンプルデータに対し適切な統計処理を行うことで、計算コストの削減や、設計に有用な情報の抽出および可視化にも利用することができる。
ここでは、そのようなデータの統計解析機能が備わった最適化モジュールMINAMOを使用することで、簡易な操作で、効率的な最適化解析が実行できることを紹介する。
講演時間 14:40 – 14:55
講演タイトル ターボ機械の騒音解析の自動化
講演者 NUMECAジャパン株式会社 技術部 部長 磯野 勝朝
講演概要 ターボ機械の騒音解析について、CFD計算結果から自動的に音響解析用FEMメッシュを作成し、騒音の解析をを行うWizardを開発したので、その簡単な使用方法など紹介する。
講演時間 15:10 – 15:25
講演タイトル 向波中および斜波中を航行する船体解析の自動化
講演者 NUMECAジャパン株式会社 技術部 技術第1Gr. Gr.リーダー 竹腰 善久
講演概要 波浪中解析の需要が高まっている一方で、波浪中解析では、波高、波長、入射角などを変更させたシリーズ計算が必須となる。
解析条件の範囲が広範となるため、それぞれの条件ごとに最適な計算領域や計算メッシュは異なる。
それぞれの条件ごとに最適な設定になるように、FINE/Marine のC-wizard を用いて、メッシュ生成から船体解析設定までを自動化する事例を紹介する。
講演時間 15:25 – 15:35
講演タイトル マリン用プロペラの高品質メッシングの自動化
講演者 NUMECAジャパン株式会社 技術部 技術第1Gr. 和田 耕一
講演概要 マリンプロペラ用に開発された新トポロジーにより、丸いチップ形状の翼に対して、簡単なステップで高品質なメッシュを自動作成できるようになりました。
ウィザードを使用したメッシュ作成方法をデモンストレーションにてご紹介します。
講演時間 15:35 – 15:50
講演タイトル 重合格子を用いた船体や車両などが任意の運動をする解析事例のご紹介
講演者 NUMECAジャパン株式会社 技術部 技術第1Gr. Gr.リーダー 竹腰 善久
講演概要 重合格子を用いれば、船体や車両などの物体が任意の運動をする解析が可能になる。ここでは、重合格子を用いた解析事例について以下の2例を紹介する。
①曳航台車と船体がバネで接続された条件での解析事例
②走行車両によるトンネル内圧力変動の解析事例
講演時間 16:05 – 16:20
講演タイトル 乱流モデルのカスタマイズの簡単化
講演者 NUMECAジャパン株式会社 技術部 技術第1Gr. 和田 耕一
講演概要 FINE/OpenはOpenLabs機能を用いることで、物理モデルの追加・修正を容易に行うことができる。
本セッションでは、乱流モデルのカスタマイズの例を紹介する。
講演時間 16:35 – 16:50
講演タイトル ダクト広帯域騒音の簡易解析手法
講演者 NUMECAジャパン株式会社 技術部 部長 磯野 勝朝
講演概要 ダクト内の空気流れによって発生する広帯域騒音について、詳細な音響解析を省略し、より簡便に騒音レベルを比較する手法を紹介する。