アダプティブなスペクトル再構築によるサイドミラー騒音

SAE Technical Paper 2015-01-2329, 2015, doi:10.4271/2015-01-2329.

定常CFD解析から始められる広帯域騒音源の確率論的な再構築に対し、アダプティブなスペクトル再構築(ASR)と呼ばれる新しい手法を紹介する。そして、その手法を自動車サイドミラーモデルから放射される騒音の評価に適用した。

その新しい手法は、乱流場の周波数成分の再構築を実行し(SNGR)、また、空間的な相互相関の再構築も実行する(RPM)ので、SNGRとRPMの両方から得られる二つの手法のある種のミキシングであると言える。

乱流場は対流的な平面波の合計によって再構築されるが、SNGRにより二つの本質的な違いが導入されている。最初の違いは、波を定義するパラメータの空間的な変化に関してである。その変化は、各波の波長に依存しており、一定でいることよりはむしろCFDの相関長さに関係して変化する。二つ目の革新的な面は、期待される局所的な相関長さの関数に基づいて細分化される専用のフルヘキサ適応メッシュを利用することである。そのメッシュは、確実に関係する音響長さのスケールを捕えるため、十分に細分化される。

本稿では、その手法を伝統的なサイドミラーモデルの評価に適用した。そして、その結果は平面および平面外のマイクロフォンの両方の測定結果と比較した。再構築された騒音源の可視化もまた報告されている。

論文の全文をご覧になるには、こちらをクリックしてください。
プレゼンテーションをご覧になるには、こちらをクリックしてください。