船舶のフルスケールCFDシミュレーションの重要性

12th International Conference on Computer Applications and Information Technology in the Maritime Industries (COMPIT 2013) - Cortona (Italy) on April 15th -17th.

この論文では、モデルスケールの流れとフルスケールの流れの違いが、重要な影響を及ぼすことを示しています。さまざまなプロジェクトにおいて、最適化における設計候補の順位付け、あるいは、トリム最適化における作動条件は、モデルスケールとフルスケールの計算で異なるということが分かりました。

モデルスケールとフルスケールの相違は、トランサム船尾の後方における相対的に異なる境界層や砕波において顕著に表れます。そのため、シミュレーションベースの設計プロジェクトでは、フルスケール解析が望ましいと考えれれます。規則に従った最適化において、時間と計算リソースの制約により、アプローチを選択することはより複雑になります。

CFDの情報とメタモデリングを再利用するハイブリッド計算法は、最適化における標準的な選択肢としてフルスケールCFDを使用する道を開く技術と考えられています。

論文の全文をご覧になるには、こちらをクリックしてください。