高速航行における水中揚力面の水力学性能

4th High Performance Yacht Design Conference, 11-12 March 2012, Auckland, New Zealand.

ナビエ-ストークスベースのCFDシミュレーションを使用して、次の2つの標準的な問題を研究し、水中揚力面の水力学が調査されました。
(1) 楕円形状で一定キャンバーの翼断面を持つ3次元の水中揚力面周りの流れ
(2) 2次元対称翼断面周りの流れ
キャビテーションの発生を許容した、完全に浸水した条件において、速度と迎角の変化に対して結果として生じる水力学的負荷の依存性が考察されました。

数値シミュレーションおよび加圧試験水槽設備での実験による計測から得られた結果の比較が示されました。

論文の全文をご覧になるには、こちらをクリックしてください。