船舶流れのRANS計算に適用された解適合格子

28th Symposium on Naval Hydrodynamics - Pasadena, California, 12th-17th September 2010

FINE™/Marine流体ソルバー向けに解適合格子法が開発されました。この手法は流体ソルバーに完全に統合されており、RANSソルバーをさまざまな分野に適用できるように設計されています。そのため、この手法は可能な限り一般的で、柔軟性を持ち、ロバストになるよう構築されており、方向による解適合、非構造格子、完全に並列化された計算が可能です。解適合の基準の評価は、解適合の基準が容易に交換可能なように実施されています。

この論文では、2つの大きく異なるテストケースに解適合格子法が適用され、その汎用性が実証されました。
KVLCC2タンカーのフルモデル周りの流れについて実施された最初のテストでは、非常に粗い初期格子から局所的に解適合化された格子を作成するため、圧力ベースの解適合基準が使用されました。断面の結果から、手作業による高精細格子よりも大幅に少ないセル数で、高い精度が得られるということが示されました。
2つ目のテストケースは、HALSS高速三胴船の試作機で実施されました。このケースでは、外側の船体の位置と、中央の船体のスケグ設計の影響を決定するため、解適合格子を使用せずにパラメーター研究が最初に実施されました。海面位置周辺の格子の解適合化は、生成された波をよりはっきりと表示させるため、いくつかのケースに適用されました。これらの結果により、パラメータ研究より得られた結論を確認することができました。

論文の全文をご覧になるには、こちらをクリックしてください。