多胴船Groupama 3のスラミング計算

Innov'Sail 2010, 30th June - 1st July 2010 Lorient, France

多胴船Groupama 3が、2009年11月に開催されたブラジル-アフリカ間のジュール・ベルヌ・トロフィー(ヨットレース)からの撤退を余儀なくされましたが、この際、不測の航行条件において、船体底部に及ぼすスラミング現象の包括的な研究が必要であるということが分かりました。南アフリカのある研究において、構造の損傷は、過小評価した場合でも、風上の船体後方に生じるスラミング応力によるものであるということが確認されています。この条件は、うねりの中で、30から40ノットのスピードで多胴船が離水した後、着水するときに見られます。

エコール・セントラル ナント校のCNRSおよびNUMECA Internationalによって開発されたソフトウェアFINE™/Marineの最新版は、このような問題の正確なシミュレーションが可能です。解適合格子アルゴリズムの使用により、水面が船体に及ぼすの影響の正確なモデル化やそれによって生じる圧力場の計算ができます。これらは設計者が船体の構造を補強する際に役立ちます。

この論文では、海面に対してある角度で進む船体の影響を考察するため、解適合格子の詳細と三胴船Groupama 3への適用を紹介しています。

論文の全文をご覧になるには、こちらをクリックしてください。