FINE™/Open with OpenLabs™

マルチフィジックス流体解析のための統合環境

FINE™/Open with OpenLabs 並列128コア対応標準パッケージにて販売しております。
詳細はこちらをご覧下さい。

特徴

  • ウィザード形式のインターフェースで、解析対象の形状を表示しながら、計算設定、境界条件設定、流れのモニタリングといった一連の作業をガイド
  • HEXPRESS™により、ウィザード形式で完全六面体メッシュを自動生成(HEXPRESS™エディションに付属)
  • HEXPRESS™/Hybridにより、六面体を主としたハイブリッドメッシュ(六面体、四面体、ピラミッド、プリズム、境界層)を自動生成(HEXPRESS™/Hybridエディションに付属)
  • さまざまな分野・業界に特化したプロット方法による、自動可視化処理が可能で、スウィープ断面上でのアニメーションやコンター表示など、多彩な可視化手法を搭載
  • 局所プリコンディショニング処理などの先進技術を搭載した密度ベースソルバーにより、卓越した計算精度を実現
  • 集合マルチグリッド法による、非常に高速な収束スピード
  • メモリ使用量と精度要求を最適化する、強力な解適合格子
  • 計算格子の自動品質評価
  • 計算領域の入口、出口、壁面さらに領域全体での最大・最小値、平均値等の解析結果を含む、概略レポート機能
  • 強力なグリッド最適化アルゴリズム

適用事例

FINE™/Open with OpenLabsは、エンジン、パイロン、翼、フラップ、冷却タービン翼、ディスクを含む航空機のフルモデル、自動車の空力、多段回転機械の流れ、環境・構造物まわりの流れなど、非常に幅広い分野に適用できます。

航空機

極超音速流れ

レースカー

車両2台の外部流れ

キャビン内の熱流れ

エンジンルーム内流れ

タイヤのハイドロプレーニング現象のシミュレーション(自由表面および水滴飛散)

ターボチャージャーのシミュレーション

動脈内の血流シミュレーション

構造物周りの流れ
(資料提供:Immobiliere du Royal Rogiers and AM Art & Build/Montois Partners)

ガスタービン燃焼器内の燃焼シミュレーション

VOFモデルによる水滴落下シミュレーション

主要機能

  • 流体‐流体ブロック間および固体‐流体ブロック間において、不連続マルチブロック境界面が適用できるため、柔軟なメッシュ生成が可能
  • ターボ機械向けローター/ステーター相互作用機能を搭載
  • 液体、完全気体、実在気体に対応
  • 非圧縮性から圧縮性、亜音速、遷音速、超音速、極超音速に至る、すべての流れの範囲に対応
  • Spalart-Allmaras、k-ε、k-ω、SST等を含む、幅広い種類の乱流モデルおよび物理モデル
  • 大規模な共役熱伝達のための熱計算ソルバー
  • 拡散燃焼(非予混合燃焼)、部分予混合燃焼に対応した燃焼モデルおよび輻射モデル
  • 自由表面流のためのVOFモデル、分散相モデル等の混相流モデル
  • 多孔質媒体モデル
  • 変形メッシュを使用したシミュレーション
  • 自動領域分割および負荷分散を搭載した、MPIベースの高性能並列計算

集合マルチグリッド法による、収束性の大幅な向上(左:3レベルのマルチグリッド、中央:収束履歴、右:計算結果)

解適合格子による最適化

変形メッシュ

動作環境

  • 64bit マシンに対応
  • Windows®、Linux環境に対応

セミナー情報

【無料セミナー】FINE/Open紹介&体験セミナーの詳細はこちら