FINE™/Turbo v10.2およびFINE™/Design3D v10.2国内リリース!

2016年4月15日

FINE™/Turbo v10.2およびFINE™/Design3D v10.2の国内出荷を開始いたしました。リリースされた新バージョンには、数多くの新機能と機能改善が含まれております。また、パッケージには最新版のドキュメンテーションが含まれます。


FINE™/Turbo v10.2パッケージの新機能および機能改善の概要

パッケージ全製品

  • パッケージの一般的なアップグレード
    - CATIA Datakit v2015.2 の使用
    - FlexNet v11.13.1.0 の使用
    - 32bit版 Windows 環境のサポートを終了
    - Windows 環境における MPI レジストレーションの改良

AutoGrid5™

  • スキンブロックの成長率コントロール
  • Python スクリプトコマンドの追加
  • Python スクリプトによる格子点分布コントロールおよびその情報出力
  • CRUNCH CFD®形式のメッシュエクスポート
  • Abaqus 形式のメッシュエクスポート

FINE™/Turbo

  • 一般化変位量の表示機能
  • 並列ライセンスキーの柔軟性の向上
  • マルチランクNLHの高度なコントロール
  • 凝縮性流体に比熱、熱伝導率、粘度を定義する機能
  • 新しいPythonコマンド
  • ライナーのための音響インピーダンスの改良
  • Intelコンパイラーでコンパイルされたソルバー実行ファイルの利用
  • Intel MPI を使用した並列計算の実行
  • 不確かさ解析の選点を算出するための新しい疎格子法(Sparse Grid Method)
  • 不確かさ解析の不確かさ解析のポスト処理における確率密度関数の再構築機能
  • モーダル解析のための新しいPythonコマンド
  • 粗いグリッドによる初期化中にCPU Boosterを無効にする機能
  • モーダルアプローチによる強連成シミュレーション
  • NLH に対応可能な RBF+TFI メッシュ変形機能
  • R/S イメージメッシュ生成の改良
  • NLH と Merkleプリコンディショニングおよび凝縮性流体の併用

CFView™

  • Harmonic計算における時間および空間再構築機能の改良
  • 断面マクロによる力の計算

FINE™/Design3D v10.2パッケージの新機能および機能改善の概要

パッケージ全製品

  • パッケージの一般的なアップグレード
    - CATIA Datakit v2015.2 の使用
    - FlexNet v11.13.1.0 の使用
    - 32bit版 Windows 環境のサポートを終了
    - Windows 環境における MPI レジストレーションの改良

AutoBlade™

  • ハブおよびシュラウドギャップのサポート
  • 翼およびルーリングのVDA-FS ファイルへのエクスポート機能
  • ルーリング接続点の粗密設定機能
  • ターボチャージャー用の新しいパラメータテンプレート
  • 解析およびプロジェクト管理機能の改良
  • ソリッド生成の改良

FINE™/Design3D

  • 特定のサーフェスに働く圧力の抽出機能
  • 主応力の出力機能
  • プロセッサー管理機能の強化
  • ポストプロセスにおけるPDF再構成機能
  • 感度解析機能の改良

サポートするプラットフォームおよびオペレーティングシステム

サポートするプラットフォームおよびオペレーティングシステムは次の表の通りです。
NUMECAのソフトウェアは、x86_64プロセッサー(Intel 8086 命令セットと互換性のある 64 ビットプロセッサー)で動作する64ビットOSのみをサポートしています。

Windows環境

プロセッサー 公式テスト済み 稼働確認済みa 32bit / 64bit
x86_64 Windows 7 Professional - 64 bit
x86_64 Windows 8.1 Professional - 64 bit
x86_64 Windows 10 Professional - 64 bit
x86_64 - VISTA Business 64 bit
x86_64 - VISTA Ultimate 64 bit
x86_64 - Windows Server 2008 64 bit
x86_64 - Windows Server 2012 64 bit
  1. 提携会社あるいはお客様により確認されたものであり、この構成は公式にはサポートしていません。
※Windows版は、クラスター構成には対応しておりません。クラスターによる並列計算を実施する場合は、Linux版をご利用ください。

Linux環境

プロセッサー 公式テスト済み 稼働確認済みa 32bit / 64bit
x86_64 Fedora Core 22.x - 64 bit
x86_64 (K)Ubuntu 14.04b,c,d -
64 bit
x86_64 - SuSe 10.1, 10.2, 11.0 64 bit
x86_64 - Enterprise 3.x, 4.x, 5.x 64 bit
x86_64 - Fedora Core 5.x, 7.x, 8.x, 12.x, 17.x, 18.x, 20.x 64 bit
x86_64 - (K)Ubuntuc 7.x, 8.x, 9.x, 10.x, 11.xd, 12.xd, 13.xd 64 bit
  1. 提携会社あるいはお客様により確認されたものであり、この構成は公式にはサポートしていません。
  2. OpenLabs™モジュールは、C++コンパイラーg++4.7.3ではコンパイルできません。
  3. UbuntuのようなDebianベースのOSは、LSBが搭載されていても、LSB規格の準拠に問題があるため、ライセンスサーバーとしては推奨しません。
  4. HEXPRESS™/Hybridを利用するにはNVIDIAドライバーの場所に注意する必要があります。環境変数LD_LIBRARY_PATHを定義して/usr/lib/nvidia-current/を設定して、ドライバーの場所を指定してください。