FINE™/Marine v5.1 国内リリース!

2016年4月8日

重合格子の解析

FINE™/Marine v5.1の国内出荷を開始いたしました。リリースされた新バージョンには、数多くの新機能と機能改善が含まれております。また、パッケージには最新版のドキュメンテーションが含まれます。


FINE™/Marine v5.1パッケージの新機能および機能改善の概要

パッケージ全製品

  • NUMECAおよびISISライセンスファイル(FlexLMセキュリティーキー)が、それぞれv16.0およびV5.1にアップグレード
  • ライセンスファイル(FlexLMセキュリティーキー)がv11.13.1.0にアップグレード
  • パッケージの一般的なアップグレード(Parasolid v26.0、CATIA v5 R25)

FINE™/Marine

  • 重合格子が使用可能
    大きく移動する物体周りの解析が可能
  • 解析の高速化
    Intel MPIライブラリを用いることにより、約20%の高速化
  • ライセンスタイプが選択可能
    MPROCかFULLFLEXのどちらのライセンスを使用するか選択可能
  • リスタート計算の方法の改良
  • PVM接続の改良
  • ドメイン修正後のボディ定義
  • 波の減衰手法
    出口境界で波の反射を抑制する機能追加
  • Solved motionについてPIN接続が可能
  • C-wizard: メッシュ設定の入力ファイルが使用可能
    Adapt to Geometry の設定パラメータをcsvファイルで設定可能
  • 波浪中における乱流生成の修正
    船体から離れたところで過度な乱流の発生を抑制
  • エラーメッセージをstdファイルに集約

HEXPRESS™

  • RotorStatorインターフェースの機能改良
    凹凸状の周期境界面がある場合もRotorStatorインターフェースの設定計算が可能
  • トリミング非利用面へのバッファーセル挿入の回避
    領域の入口出口などトリミングに利用しない面へのバッファーセルの挿入を回避(境界面直近のセル品質改良)
  • メッシュ品質チェックの改良
    メッシュ品質のプラグインで非直交性(non-orthogonality)を追加(FINE/Marine版のHEXPRESSのみ使用可能)

CFView™

  • 音響放射サーフェスのエクスポート機能
  • CFView起動時のGUIサイズおよび位置のコントロール

サポートするプラットフォームおよびオペレーティングシステム

サポートするプラットフォームおよびオペレーティングシステムは次の表の通りです。
NUMECAのソフトウェアは、x86_64プロセッサー(Intel 8086 命令セットと互換性のある 64 ビットプロセッサー)で動作する64ビットOSのみをサポートしています。

Windows環境

プロセッサー 公式テスト済み 稼働確認済みa 32bit / 64bit
x86_64 Windows 7 Professional - 64 bit
x86_64 Windows 8.1 Professional - 64 bit
x86_64 Windows 10 Professional - 64 bit
x86_64 - VISTA Business 64 bit
x86_64 - VISTA Ultimate 64 bit
x86_64 - Windows Server 2008 64 bit
x86_64 - Windows Server 2012 64 bit

a. 提携会社あるいはお客様により確認されたものであり、この構成は公式にはサポートしていません。

※Windows版は、クラスター構成には対応しておりません。クラスターによる並列計算を実施する場合は、Linux版をご利用ください。

Linux環境

プロセッサー 公式テスト済み 稼働確認済みa 32bit / 64bit
x86_64 Fedora Core 22.x - 64 bit
x86_64 (K)Ubuntu 14.04b -
64 bit
x86_64 CentOS 7.0.1406 -
64 bit
x86_64 - SuSe 10.1, 10.2, 11.0 64 bit
x86_64 - Enterprise 3.x, 4.x, 5.x 64 bit
x86_64 - Fedora Core 5.x, 7.x, 8.x, 12.x, 17.x, 18.x, 20.x 64 bit
x86_64 - (K)Ubuntub 7.x, 8.x, 9.x, 10.x, 11.x, 12.x, 13.x 64 bit

a. 提携会社あるいはお客様により確認されたものであり、この構成は公式にはサポートしていません。
b. UbuntuのようなDebianベースのOSは、LSBが搭載されていても、LSB規格の準拠に問題があるため、ライセンスサーバーとしては推奨しません。