FINE™/Open with OpenLabs v4.3 国内リリース!

2015年6月5日

FINE™/Open with OpenLabs v4.3の国内出荷を開始いたしました。リリースされた新バージョンには、数多くの新機能と機能改善が含まれております。また、パッケージには最新版のドキュメンテーションが含まれます。


FINE™/Open with OpenLabs v4.3パッケージの新機能および機能改善の概要

FINE™/Open with OpenLabs

  • LES、DESモデル選択をGUIに追加
    (LESはWALE LES、DESはSpalart-Allmaras DDESがGUIで利用可能)
  • プレコンディショニング手法にMerkleを追加
    (多くの場合、従来手法HakimiよりもMerkleの方がロバスト。ただし、実在気体、凝縮性流体、二層流やCPUBoosterには利用できない)
  • 出力パラメータの追加
    (Entropy、Rothalpy、CP1/CP2/CP3/CP*1/CP*2が出力可能)

HEXPRESS™

  • ドメインの名前が容易に変更可能
  • STLデータのインポート機能改良
    (STLデータの名前定義を引き継ぐ)
  • ドメインおよびメッシュの延長

HEXPRESS™/Hybrid

  • 断面表示機能の改良
    (カット面による表示機能の追加)
  • スタート点の自動計算
    (きれいな閉じた一つのブロックのみ有効)
  • フルヘキサメッシュの改良
    (コーナーや角部のキャプチャーを改良)
  • 連続マルチブロックメッシュの境界層挿入機能の改良
    (INFLATEANDINSERTVLキーワードとNUMBNDLAYERS 1 以上の併用が可能)

CFView™

  • 不規則な時間ステップの非定常解析結果をインポート
    (不規則な時間ステップで非定常計算した結果をそのままのステップでインポート)

サポートするプラットフォームおよびオペレーティングシステム

サポートするプラットフォームおよびオペレーティングシステムは次の表の通りです。

Windows環境

プロセッサー 公式テスト済み 稼働確認済みa 32bit / 64bit
x86_64b WINDOWS 7 64-bit - 64 bit
x86_64b WINDOWS 8 64-bit - 64 bit
x86c - XP Professional Edition (SP3) 32 bit
x86c - WINDOWS 7 32-bitd 32 bit
x86c - 2000 SP2 32 bit
x86c - Server 2003 (std edition) 32 bit
x86_64b - XP Professional Edition (SP3) 32 bit
x86_64b - VISTA Business (SP1) 32 bit
x86_64b - VISTA Ultimate (SP1) 32 bit
x86_64b - WINDOWS 7 32-bitd 32 bit
x86_64b - XP Professional x64 Edition 64 bit
x86_64b - VISTA Business 64-bit 64 bit
x86_64b - VISTA Ultimate 64-bit 64 bit

a. 提携会社あるいはお客様により確認されたものであり、この構成は公式にはサポートしていません。
b. Intel 8086 命令セットと互換性のある 64 ビットプロセッサー
c. Intel 8086 命令セットと互換性のある 32 ビットプロセッサー
d. FlexLM v11.9を実行する必要があります。

Linux環境

プロセッサー 公式テスト済み 稼働確認済みa 32bit / 64bit
x86_64b Fedora Core 20.x - 64 bit
x86_64b,d (K)Ubuntu 14.04c -
64 bit
x86_64b,d CentOS 7.0.1406 -
64 bit
x86_64b - SuSe 10.1, 10.2, 11.0 64 bit
x86_64b - Enterprise 3.x, 4.x, 5.x 64 bit
x86_64b - Fedora Core 5.x, 7.x, 8.x, 12.x, 17.x, 18.x 64 bit
x86_64b,d - (K)Ubuntu 7.x, 8.x, 9.x, 10.x, 11.x, 12.x, 13.x 64 bit

a. 提携会社あるいはお客様により確認されたものであり、この構成は公式にはサポートしていません。
b. Intel 8086 命令セットと互換性のある 64 ビットプロセッサー
c. OpenLabsモジュールは、C++コンパイラー g++4.7.3ではコンパイルできません。
d. UbuntuのようなDebianベースのOSは、LSBが搭載されていても、LSB規格の準拠に問題があるため、ライセンスサーバーとしては推奨しません。