FINE™/Open with OpenLabs v4.2 国内リリース!

2015年2月6日

FINE™/Open with OpenLabs v4.2の国内出荷を開始いたしました。リリースされた新バージョンには、数多くの新機能と機能改善が含まれております。また、パッケージには最新版のドキュメンテーションが含まれます。


FINE™/Open with OpenLabs v4.2パッケージの新機能および機能改善の概要

HEXPRESS™/Hybrid

  • エッジリファイメント機能の改良
  • 異方性メッシュの生成機能
  • 平面的表面のためにトリミングを無効にする機能
  • メッシングレポート情報(CPU時間や書込み時間など)の追加
  • 鋭角箇所のキャプチャの改善
  • holesearcher実行方式の改良

FINE™/Open

  • 収束履歴のモニターリング出力機能(ctl_outなど)の改善
  • TabGen/Chemistryによる燃焼テーブルを生成する機能
  • テーブルベースの燃焼モデルでCHTをシミュレートする機能
  • OpenLabs外部偏微分方程式のためのカスタマイズされた対流速度
  • OpenLabsリソースファイルを暗号化する機能

サポートするプラットフォームおよびオペレーティングシステム

サポートするプラットフォームおよびオペレーティングシステムは次の表の通りです。

Windows環境

プロセッサー 公式テスト済み 稼働確認済みa 32bit / 64bit
x86_64b WINDOWS 7 64-bit - 64 bit
x86_64b WINDOWS 8 64-bit - 64 bit
x86c - XP Professional Edition (SP3) 32 bit
x86c - WINDOWS 7 32-bitd 32 bit
x86c - 2000 SP2 32 bit
x86c - Server 2003 (std edition) 32 bit
x86_64b - XP Professional Edition (SP3) 32 bit
x86_64b - VISTA Business (SP1) 32 bit
x86_64b - VISTA Ultimate (SP1) 32 bit
x86_64b - WINDOWS 7 32-bitd 32 bit
x86_64b - XP Professional x64 Edition 64 bit
x86_64b - VISTA Business 64-bit 64 bit
x86_64b - VISTA Ultimate 64-bit 64 bit

a. 提携会社あるいはお客様により確認されたものであり、この構成は公式にはサポートしていません。
b. Intel 8086 命令セットと互換性のある 64 ビットプロセッサー
c. Intel 8086 命令セットと互換性のある 32 ビットプロセッサー
d. FlexLM v11.9(FINE™/Turbo v8.9-2 より配布開始)を実行する必要があります。

Linux環境

プロセッサー 公式テスト済み 稼働確認済みa 32bit / 64bit
x86_64b Fedora Core 20.x - 64 bit
x86_64b,d (K)Ubuntu 14.04c -
64 bit
x86_64b - SuSe 10.1, 10.2, 11.0 64 bit
x86_64b - Enterprise 3.x, 4.x, 5.x 64 bit
x86_64b - Fedora Core 5.x, 7.x, 8.x, 12.x, 17.x, 18.x 64 bit
x86_64b,d - (K)Ubuntu 7.x, 8.x, 9.x, 10.x, 11.x, 12.x, 13.x 64 bit

a. 提携会社あるいはお客様により確認されたものであり、この構成は公式にはサポートしていません。
b. Intel 8086 命令セットと互換性のある 64 ビットプロセッサー
c. OpenLabsモジュールは、C++コンパイラー g++4.7.3ではコンパイルできません。
d. UbuntuのようなDebianベースのOSは、LSBが搭載されていても、LSB規格の準拠に問題があるため、ライセンスサーバーとしては推奨しません。