FINE™/Open with OpenLabs 並列128コア対応標準パッケージ

2014年12月5日

FINE™/Open with OpenLabsパッケージには、標準で「高品質な自動メッシャーHEXPRESS™」、「128コア並列計算モジュール」、「計算高速化アルゴリズムCPU-Booster™」、「カスタマイズモジュールOpenLabs™」が含まれています。これらの機能をすべて含んで年間370万円と他社ソルバーと比較して、大変お求めやすい価格でご提供しております。

高品質な自動メッシャー

HEXPRESS™で六面体メッシュを自動作成!

六面体メッシュは高品質ですが、作成は一般に手作業となるため、非常に時間がかかります。特に形状が複雑になると、相当な熟練度が必要になります。
HEXPRESS™は、完全六面体(非構造)メッシュを簡単な設定で自動作成します。

超高速ソルバー

CPU-Booster™で10倍の高速化!

CPU-Booster™は、流体基礎方程式を高速に解くNUMECA独自の機能です(標準搭載)。
CFL(クーラン数)を大幅に増加した解析が可能で、収束性が向上し、計算も安定します。これにより、2~10倍の高速化を実現します(※解析ケースによる)。

大規模問題への対応

並列128コアを標準搭載!

ハードウェアが安価になり、一昔前のスパコン並みの性能がデスクサイド・クラスタシステムで発揮できるようになりましたが、ソフトウェア(並列モジュール)が高価では困ります。
FINE™/Open with OpenLabsは、標準構成で128コアの並列計算が可能です。(※それ以上の並列が必要な方は、お問い合わせください。)

物理モデルのカスタマイズ

OpenLabs™により自由なカスタマイズが可能

独自の物理モデルの追加など、自由なカスタマイズができます。これにより、自社に必要な機能をいち早く搭載させることが可能です。FORTRANなどのプログラミング言語の知識は必要ありません。