FINE™/Open with OpenLabs V3.1-1 国内リリース!

2013年10月18日

非構造格子用汎用流体解析ソルバー FINE/Open with OpenLabs が V3.1-1 へとバージョンアップいたしました。あわせてオートメッシャー HEXPRESS および HEXPRESS/Hybrid、さらに可視化ソフトCFViewも同じくバージョンアップいたしました。

下記に各ソフトウェアのバージョン概要をお知らせいたします。より早くよりロバストになったオートメッシャーと高速並列ソルバーをお楽しみください。

各ソフトウェアはユーザーサポートセンターよりダウンロードできますので、ご利用ください。なお、最新のライセンスファイルが必要となる場合がございます。ご不明な点は、弊社サポートまでお問い合わせください。


FINE/Open with OpenLabs V3.1-1 パッケージの新機能および機能改善の概要

パッケージ全製品

  • ライセンスファイル(FlexLMセキュリティーキー)がv11にアップグレード
  • ライセンス設定ウィザード(Administration Wizard)の導入
  • パッケージの一般的なアップグレード(Parasolid v25.0、Python v2.7およびOpenMPI v1.6.3)

HEXPRESS

  • メッシングウィザードの操作性を向上
  • 球形状のジオメトリ作成機能追加
  • 円筒や球など様々なメッシュカット表示機能
  • ビューワのカメラポジションの保存と復帰
  • 不十分なスナップ時に生じる穴の表示機能
  • 凹形状コーナーでのメッシュ品質向上(等方的な細分化と距離によるトリミング)
  • ROT/STATインターフェース接合のロバスト性向上
  • 周期境界面のメッシュ一致機能
  • AutoGrid5データのマッチング面インポート機能の改良
  • プロジェクト読み込みとメッシュ読み込みの分離

HEXPRESS/Hybrid

  • STLバイナリファイルのインポート機能追加
  • セレクション間のブーリアン操作機能
  • メッシュプリミティブ作成機能の改良
  • セレクションタブ操作性の改良
  • ビューワ画面操作性の改良
  • OpenFOAM用メッシュ品質確認機能
  • FLUENT用メッシュ品質確認機能
  • フルヘキサタイプメッシュ生成機能の追加
  • フルヘキサメッシュへの境界層生成機能
  • 初期レイヤー層生成機能の改良(NEWBUFFERINSERTION)
  • エッジのキャプチャー機能改良
  • 近接セレクションのメッシング機能改良

FINE/Open with OpenLabs

  • メッシュ品質チェック機能の改良
  • GUIによる出力形式の選択(CFView、Ensight、CGNS)
  • 計算停止時のstdファイル表示機能の追加
  • ターボ機械用の初期値設定機能改良
  • HEXPRESS/HybridメッシュへのROT/STATインターフェース機能追加
  • ソルバーのロバスト性および精度の改良
  • パラレル分割メッシュのファイルへの保存/非保存の選択
  • ログファイルのReportディレクトリへの保存
  • 実在気体へのCPUBoosterの拡張
  • AutoGrid5メッシュのNMB/PERNM境界の取扱い
  • 周期境界の取扱い
  • 初期条件設定の組み合わせ利用(マルチドメインで各々違う初期設定が可能)
  • 1D/2D非反射 rotor/stator 境界
  • CGNS形式での結果出力
  • Lagrangianモデルの改良(rotor/stator境界のある場合への適用)
  • Lagrangianモデルの改良(周期境界のある場合への適用)
  • FVM放射モデル
  • OpenLabs:境界条件へのプロファイルデータ適用
  • OpenLabs:拡散方程式を陰的手法で解く機能の追加
  • OpenLabs:ある表面もしくは体積での積分機能

CFView

  • Python CFViewモジュールを使用した外部デバッガによるデバッグ
  • 3点からのカッティング平面作成機能
  • 距離ツールの導入
  • IJKサーフェス作成時の選択ブロックのハイライト表示
  • 子午面ビューにおける拡大、移動機能
  • カラーマップの改善
  • 流線のファイルへの出力機能
  • 繰り返し表示の改善
  • インタラクティブなサーフェス選択機能
  • 等値面の内側/外側の体積計算機能
  • 非構造格子に対するSTM、RTZビューの機能追加