FINE/Marine v3.1-1国内リリース!

2013年10月18日

FINE/Marine v3.1-1の国内出荷を開始いたしました。リリースされた新バージョンには、数多くの新機能と機能改善が含まれております。また、パッケージには最新版のドキュメンテーションが含まれます。


FINE/Marine v3.1-1パッケージの新機能および機能改善の概要

パッケージ全製品

  • ライセンスファイル(FlexLMセキュリティーキー)がv11にアップグレード
  • ライセンス設定ウィザード(Administration Wizard)の導入
  • パッケージの一般的なアップグレード(Parasolid v25.0、Python v2.7およびOpenMPI v1.6.3)

HEXPRESS

  • メッシングウィザードの操作性を向上
  • 球形状のジオメトリ作成機能追加
  • 円筒や球など様々なメッシュカット表示機能
  • ビューワのカメラポジションの保存と復帰
  • 不十分なスナップ時に生じる穴の表示機能
  • 凹形状コーナーでのメッシュ品質向上(等方的な細分化と距離によるトリミ
  • ング)

FINE/Marine

  • GUIの操作性の改善
  • 水の物性値テーブルが利用可能
  • 境界ごとに無限遠方境界条件を設定可能
  • 不規則波が利用可能
  • ダイナミックライブラリによる運動の制御
  • ピン接続の可視化
  • メッシュ変形時における設定の改良
  • キャビテーション用のAGR
  • 任意の点における解析結果の履歴出力
  • 解析結果からCFviewへの再構築の高速化
  • domhydroの改良
  • 伴流分布出力のための新機能
  • サブボディごとに解析結果を出力可能

CFView

  • Python CFViewモジュールを使用した外部デバッガによるデバッグ
  • 3点からのカッティング平面作成機能
  • 距離ツールの導入
  • カラーマップの改善
  • 流線のファイルへの出力機能
  • 繰り返し表示の改善
  • インタラクティブなサーフェス選択機能
  • 等値面の内側/外側の体積計算機能