新モジュール「Uncertainty Quantification」でシミュレーションの信頼性を向上

2013年4月30日

設計者の多くは、シミュレーションプロセスを実行する際の多くの変数が、さまざまな不確実性を持っていることを認識しています。これは、例えば、作動(境界)条件、形状あるいはモデリングパラメーターなどです。

NUMECAのこの新しいツールを使用すると、次の手順によって、設計決定プロセスに基づくシミュレーションに関連するリスクを減らすことができます。


  • 確率密度関数(PDF)として、入力の不確実性を規定し、定量化する
  • 不確実性を表すバーを使って、予測された量を得る
  • 単一の値の代わりに、さまざまな信頼性を定義し、確率密度関数(PDF)として、予測された量を得る

次の製品リリースで利用可能なこの新しいツールの利点についての詳細は、お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

■NUMECA International社について
NUMECA International社は、数値流体力学(CFD)ソフトウェアおよびコンサルティングサービスご提供するグローバル企業です。 NUMECAのソフトウェアは、流体の流れおよび熱伝達のシミュレーション、設計、最適化に利用されています。製品開発者、設計エンジニアおよび研究者に使用され、コストを削減し、優れた品質と性能を持つ製品の開発に役立っています。

[お問い合わせ先]
NUMECAジャパン株式会社
TEL:03-6205-4416
E-mail:info-jp@numeca.com
ウェブサイト:www.numeca-jp.com