NUMECA International社、Von Karman Institute (VKI)との技術提携を発表

2012年3月21日

NUMECA International社 代表取締役Charles HirschおよびジェネラルマネージャーMarc Tombroffは、ターボ機械用統合設計および最適化ソフトウェアの開発のため、Von Karman Institute (VKI)のターボ機械および推進工学部門(取締役Jean Muylaert氏、教授Tom Verstraete氏およびTony Arts氏)と技術提携契約を締結したと発表しました。この新しいソフトウェア製品は、高効率ターボ機械の迅速な予備設計から、フル3次元のマルチフィジックス最適化に及ぶ、高度に統合化されたツールに対する産業界の高まるニーズに応えることを目的としています。ターボ機械設計者を主な対象とし、統合された最適化および応力解析を含む、1次元から2次元およびフル3次元までの設計のためのソフトウェア製品の開発が進められます。VKIの革新的な技術が、NUMECAのFINEソフトウェア環境内に完全に統合され、実用化される予定です。

NUMECA International社 代表取締役Charles Hirsch教授より:
「この技術提携により、NUMECA International社は、単一のソフトウェアで1次元からフル3次元のCFDおよび応力最適化の総合ソリューションを提供する、初めての産業CFDベンダーとなります。これは、ターボ機械設計者にとって、革新的、革命的なソリューションとなるでしょう。ターボ機械業界において、類を見ないシミュレーションおよび設計最適化機能を提供する、FINE™/TurboやFINE™/Design3Dのような適用分野に特化したソフトウェアシステムを開発するというNUMECAのグローバル戦略は、このVKIとの提携により、さらに強固になります。」

■VKIについて
VKIは国際的な教育および科学機関で、流体力学分野の大学院生に教育を提供し、研究を通じたトレーニングを振興しています。VKIでは、主に政府・国際機関および企業による後援の下、教員陣や研究者によって、気体および液体の実験、コンピュータシミュレーションおよび理論に関する広範囲に及ぶ研究が実施されています。ターボ機械および推進工学部門は、航空機エンジン、産業ガスタービン、宇宙推進装置、蒸気タービン、プロセス産業の圧縮機やポンプといった、ターボ機械要素の熱空力を専門としています。この部門は、ターボ機械における流れの数値解析や、ターボ機械構成要素の設計技術や多分野融合最適化方法において、20年以上の経験を有しています。 詳細な情報については、www.vki.ac.be をご参照ください。

■NUMECA International社について
NUMECA International社は、数値流体力学(CFD)、格子生成、マルチフィジックスおよび最適化ソフトウェアを開発し、コンサルティングサービスと共にご提供する、ワールドワイドなリーディングカンパニーです。 NUMECAの高度なソフトウェアソリューションは、航空宇宙、推進工学、エネルギー、環境、燃焼および排出ガス規制、空力音響および振動音響、船舶流体力学および自由表面流など、さまざまな産業分野に適用できます。 NUMECA International社は、ベルギー・ブリュッセルの本社のほか、サンフランシスコ、東京、北京、バンガロール(インド)、モンス(ベルギー)に支社を置き、世界規模の販売ネットワークを擁しております。
詳細な情報については、www.numeca.com をご参照ください。

[お問い合わせ先]
NUMECAジャパン株式会社
TEL:03-6205-4416
E-mail:info-jp@numeca.com
ウェブサイト:www.numeca-jp.com