NUMECA、アメリカス・カップに向けて出港!

-FINE™/Marineは、第34回アメリカス・カップで競い合う2つの企業に採用されました。-

2012年2月1日

この2つの企業は、2013年にサンフランシスコで開催される第34回アメリカス・カップにおいて、勝利を得るための戦略として、NUMECAのCFDソリューションFINE™/Marineの高度な機能と優れた品質と精度に信頼を置いています。

エミレーツ・チーム・ニュージーランド(ETNZ)は、レースにおける水力学解析の数値流体力学ソリューションとして、NUMECAのFINE™/Marineを2011年に初めて採用しました。ETNZ のLen Imas博士は、FINE™/Marineを利用することによりもたらされる利益を高く評価し、次のように述べています。

「エミレーツ・チーム・ニュージーランド(ETNZ)は、高性能競技用ヨットに水力学解析を適用するため、自由表面を捉えられるCFDツールをいろいろと検討した結果、NUMECAのFINE™/Marineを採用しました。これはFINE™/Marineが、ETNZ の第34回アメリカス・カップの設計に活用できる能力を持つ、ナビエ・ストークスベースの優れたシミュレーションパッケージだったからです。私たちは、非常に広範な帆走条件において、FINE™/Marineが他のソフトウェアと比べて、常により忠実なソリューションを提供してくれると確信しています。だからこそ、この解析ツールを選んだのです。」

ルナロッサ・チャレンジ2013は、アメリカス・カップにおいて、唯一のCFDソリューションとしてFINE™/Marineを採用した、ETNZ に続いて2番目の競技者となりました。ヨット設計者のRoberto Biscontini氏は、彼のチームのソフトウェアの選択について、次のように述べています。

「FINE™/Marineは、私たちが第34回アメリカス・カップのトップ競技者の一員となるために必要な、最先端技術をもたらしてくれると確信しています。NUMECA International社や、その提携企業K-Epsilon社のサポートが得られるFINE™/Marineや、私たちとこの2社とのすばらしい関係は、この競技に参加する上で、最も重要な財産となっています。」

このような称賛に対し、NUMECAはこの2社がFINE™/Marineに大きな信頼を置いていることに感謝すると共に、大きなチャレンジに挑むこの2社の健闘を祈ります!

アメリカス・カップについての詳細な情報は、こちらをクリックしてください。